目の前で査定を行ってくれるのが大きな利点

実店舗でのブランド買取は目の前で査定を行う様を確認できるのが大きな利点です。持ち込んだブランド品をどのように見て査定を行っているのかを確認できるので、業者の良し悪しをその場で知ることが可能です。ブランド品を宅配で送って査定してもらう方法は近隣に業者がいない地域に居住している人には便利ですが、その一方で業者の査定を自身の目で確認できないデメリットもあります。稀に、送ったブランド品の価値を不当に低く査定して安く買い叩いたり、偽物と偽ってお金を払わないなど悪質な行為に至る業者も存在するので注意しなければいけません。目の前での査定ならそのような悪質な行為をすぐに知ることができるので被害を未然に防ぐことができます。

無店舗営業の業者は悪質な業者の割合が高いので注意

ブランド品を買い取る業務は古物商の届け出が必要ですが、条件を満たしていれば実店舗の有無は関係ありません。そのため、無店舗営業であっても誠実な運営を行っている業者がほとんどです。しかし、無店舗営業は名前の通り実店舗を持たない営業形態なので、不当な買い叩きや偽ブランド品の販売などを行いやすいのも事実です。不正行為が発覚してもすぐに逃げることができるので、無店舗営業の方が悪質な業者の割合が高いと言えます。また、買い取り業務を行う業者は古物商の許可証を見える所に提示しなければいけませんが、無店舗営業の業者はそもそも許可証を提示する機会がありません。そのため、古物商の届け出を行っていないモグリの業者も存在します。